英語はシニアを元気にさせる!
浦島 久

少子化傾向が続く日本において、逆に年々確実に増えていくのがシニア世代です。事実、このところ一番伸びているのがまさにシニアのマーケットです。私が北海道・帯広市で経営する英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」も例外ではありません。数年前開設した60歳以上の人を対象にした「シニアクラス」がとてもにぎわっています。

 

ここで問題になるのがテキストです。英会話学校の社会人クラスで使われるのは、ほとんどが外国の出版社から出されているESLのテキストです。しかし、この手のテキストはシニアの生徒には一般的には向いていません。ヤングアダルト向けのものが多く、会話の内容もシニアの生活からかけ離れているからです。活字もシニアには小さすぎて、拡大コピーしなければ読めません。

 

シニアクラスの開設にあたり、私自身テキストをいろいろと探しました。英語のレベル、活字の大きなどを考慮すると、中学1年生用の教科書がピッタリです。ただ、大きな問題はやはり話題がシニアには子供っぽいということです。結果的には、私が満足できるものはありませんでした。

 

そのような背景からできたのが『シニアのためのゆっくり英会話 English Tree 1&2』(マクミラン ランゲージハウス)です。この本の最大の特徴は、全てがシニアの学習者向けに設計されているということです。シニアに受け入れられるような話題や場面を設定しました。文字を大きく、構成もなるべくシンプルにしてあります。レベル的には、Book 1が中学1年生、Book 2が中学2年生程度になっています。私が一番こだわったのは、1冊で「聞く」「話す」「読む」「書く」の4技能を学ぶことができるようにするということでした。

 

書名に使った『English Tree』には、学習者にそれぞれの思いで英語の木を育ててほしいというメッセージを込められています。表紙の木の写真は私の生まれ故郷、十勝管内豊頃町の河川敷に立つ1本のハルニレの木です。写真家だった私の父の写真を使わせてもらいました。そして、共著者の茅野夕樹くんは30年前に私が英語学校を始めたときの一期生です。私にとってもいろいろな思いが詰まったのがこの本です。

 

これからの時代のキーワードのひとつは「高齢化とことば」ではないでしょうか。ことばの学習はシニアの脳を活性化させます。いつまでもはつらつとしたシニアを作ってくれます。私の英語学校で学ぶシニアを見ていると、このことがよく分かります。シニアがいつまでも健康で夢を持ち続けることができる、そんなお手伝いを『English Tree』がすることができれば、それ以上の喜びはありません。

(ジョイ・イングリッシュ・アカデミー学院長)

テキストの詳細を見る

少子化傾向が続く日本において、逆に年々確実に増えていくのがシニア世代です。事実、このところ一番伸びているのがまさにシニアのマーケットです。私が北海道・帯広市で経営する英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」も例外ではありません。数年前開設した60歳以上の人を対象にした「シニアクラス」がとてもにぎわっています。[続きを読む]


page Top

英語教材出版・販売
株式会社マクミラン ランゲージハウス

Macmillan LanguageHouse Ltd.

TEL: (03)4533-8082  FAX: (03)4533-8079  E-mail:japanelt@macmillaneducation.com
© Macmillan LanguageHouse Ltd.All rights reserved.