Keep Talking: Strategies for Interpersonal Communication
大谷 麻美/村田 和代/村田 泰美/重光 由加 共著

◆英語が話せないのはなぜ?

「英語が話せない」「英語を話せるようになりたい」ということばをよく耳にします。英語が話せないのは単に語彙や表現を知らないからだけでしょうか? 私達は誤解のない良い人間関係を築きそれを維持するためのことばの使い方(ポライトネス)について研究していますが、英語が話せないのは、実はポライトネスの概念が、英語と日本語で異なることも一因ではないかという結論に達しました。

◆文化による考え方の違い

日本語では、敬語のように相手と距離を保つような言語表現を用いることで、相手との人間関係を良好に保てると考えます。一方、英語ではこれと同じくらい大切なのが、相手に親しみを表すことです。相手との人間関係を良好に保つために、相手に親しさを表すような言語表現も重要な役割を担っています。

◆対人関係に配慮した表現の知識の重要性

上で述べた対人関係に関わる言語表現が、実際の会話でどのように現れるかを知ることが英語会話ができるようになるコツなのです(重光 2005)。これまでの英語教育においては、対人関係に配慮した表現については、ほとんど授業で系統立って学習してこなかったのではないでしょうか。しかし、これらは初級者レベルから学ぶことが可能で、かつ非常に有効なのです(堀他 2006 ;村田 2005; 村田&大谷 2005; 大谷 2007; Tsuda et al. 2007)。このような表現と、その背後にある英語のポライトネス(特に相手との距離を近づけよう、相手のことを認めよう)を認識することが重要なのです。こういった言語文化によるポライトネスの表出の違いに着目して作成したのが、このテキストの旧版であるLet’s be friends!です。出版後、たくさんの方々から感想をお寄せいただいたことに感謝いたします。皆様からのご意見やコメントを取り入れ、改訂版としてのKeep Talking!ができあがりました。今回の改定のポイントは次の通りです。

◆改訂のポイント

•    半期用に15ユニットにまとめました。

•    インプットの充実:ディクテーションや並べ替え問題、英作文も充実させ、重要な表現を定着させる工夫をしています。

•    アウトプットの充実:問題解決型のタスクや、ペアワークにより、学生が積極的に話せるように工夫をしています。

•    音声はHPからダウンロードすることができるようになりました。

•    Teacher’s manualには、各ユニットの復習問題を入れました。

 

 

This text book focuses on ‘communication strategies’. If you have ever wondered why Japanese learners seem to be unenthusiastic about speaking, or if you find yourself doing the most of the talking in class despite your best intentions not to do so, this textbook is designed to help you.

 

◆    The relational function of language

People do not talk just to impart information. One of the most important functions of language is to build good relationships and create rapport. This is referred to as the relational (versus the transactional) function of language. In order to use language for developing good relationships, learners need to be made aware of the ideas upon which communication strategies are based. Our textbook explicitly teaches and practices these strategies, allowing learners with limited vocabulary and grammatical knowledge to successfully communicate in English and to create friendships more smoothly.

 

◆    Communication strategies

Many Japanese learners are unaware that it is not good enough to answer a question with ‘yes’ or ‘no’ when conversing in non-transactional situations. The general expectation in English communication requires speakers to offer more information as an essential communication strategy. Additionally, learners must learn to respond appropriately, for example, to give enthusiastic responses such as ‘Great!’ or ‘Wow!’ as another communication strategy vital for rapport building. From these examples, it can be seen that the strategies employed in this textbook are simple enough even for beginners to have little trouble using. Although directions are written in Japanese, most of them are self- explanatory and will be readily apparent. We hope that by using this textbook, your learners will experience an improvement in natural-style English communication.

 

 

 

◆参考文献

堀 素子, 津田早苗, 大塚容子, 村田泰美, 重光由加, 大谷麻美, 村田和代. (2006)『ポライトネスと英語教育―言語使用に                おける対人関係の機能』 ひつじ書房.                  (日本学術振興会研究成果公開促進費助成刊行物, 2006年度                    大学英語教育学会(JACET)学術賞受賞)

村田和代. (2005)「第2言語語用能力習得に与える影響と効果―ポジティブポライトネス指導を通して―」『語用論研究』6:                  57-70

村田和代, 大谷麻美. (2005) 「日本人英語学習者へのPositive Politenessストラテジー意識化の試み」The Language               Teacher, 29 :2: 3-7.

大谷麻美(2007) 「英語コミュニケーション:聞き手と友好な対人関係を築くために」 大学英語教育学会授業額研究会編著                 『高等教育における英語授業の研究―授業実践事例を中心に-』松柏社. pp.204-205.

Sanae Tsuda, Yuka Shigemitsu, and Kazuyo Murata. (2007) ‘Cultural Awareness in Teaching English:             Analysing  Intercultural Communication and Teaching Positive Politeness Strategies.’The Journal             of Asia TEFL, 4:3,  161-185. http://www.asiatefl.org/journal/main_sample13.html

重光由加(2005) 「何を「心地よい」と感じるか」『社会言語科学講座 第一巻 異文化とコミュニケーション』東京:ひつじ書                   房  216-237