Practice with Presentations
Recently I started teaching a class for presentations. As I have never taught such a class before I spent time looking at university approved textbooks and spoke to teachers about how they go about teaching such a class. This particular class is a different kind of class, as it is task-based. Technically it is a speaking class, but the focus of the course is for students to learn to give presentations in English. Students need to give a few presentations in the class and the final test is for each student to give a longer presentation in their groups. The final speech could be as long as six minutes. In order to prepare the students, I have three main goals. The first goal I have in the class is for the students to help evaluate each other. I want the students to listen to each other, not
「Bounce Now かんたん使い方ガイド」について
渡邉先生By 渡邉 孝子(Watanabe Takako)渡辺イングリッシュスクール(有) 幼い時期から英語を学ばせる最大の利点は、英語を音で理解できる耳を育てることができるということです。言語は基本的に音声でのやりとりです。どんなに高いレベルの英語力を身につけるにしても、まずは英語を音で理解する力を育てなければなりません。理想的には日常生活の中で英語を使うことです。私と夫、一保(奈良教育大学名誉教授、英語教育)は二人の子どもを英語で育て、結果子ども達はバイリンガルになりました。言うは易く行うは難し、で家族全員の努力の賜物です。今では娘は福井大学の英語教員となり、英語を使って授業を行い、息子もミャンマーと日本を舞台にした映画製作(“Passage of Life” 2015年公開予定)や日・英語の字幕の仕事をしています。 この家庭内バイリンガル教育から多くを学びましたが、第一は音声で英語の基礎力が築かれるということです。音声でのやりとりを重ねて子どもは聴く力と話す力を伸ばし、英語の知識を得ていきます。そして文字と音声を結びつけることができるようになると、声を出して読むことでその英文が既知の音の意味と結びついて容易に理解できてリーディングへと進むのです。児童英語教育の実践と研究を一保と共にして20数年、学会発表を行い、学術論文誌でも論文が掲載されました。(全国英語教育学会誌The Role of Reading in Early Childho
How to prepare a Lesson Plan
Jim sensei  By Jim Mansfield Aim: 1.  Is my aim definite? Is it clearly expressed in the best English possible? Is it  expressed in terms of specific knowledge, habit, skill or attitude?   Subject Matter: 1.  Is my subject matter suitable to the needs and different abilities of my students? 2.  Is my matter definite? Is it within the scope of the requirement in the Course of Study for the Level of students. 3. Has it any practical bearing upon the daily activities of my students?   Procedure: 1. Do I have devices to make my teaching clear, concrete, and more comprehensive to my student
『English from NHK World TV』について
By 森田彰森田先生(早稲田大学 / 『English from NHK World TV』著者) ・ 4技能の習得をバランス良く配置した総合教材 ・ 既知情報 → 未知情報の追加 → 整理 → 消化 → 発表 と続く情報処理のプロセスを タスクから自然に習得できる ・ TOEIC 400点 ~600点の学生を対象とする ・ 21世紀のパートナー 新興アジアの文化と社会から世界の未来を考える   本書はNHK World TV およびNHK BSで放映されているAsia Insight という英語のドキュメンタリー番組を利用した、4技能をバランスよく学習できる英語教材です。まず、Reading、 Listening Taskを進めながら、receptive な能力を養います。アジアの一員でありながら、アジアについては意外に知りません。それが、却って学生に情報処理のプロセスを意識させることになるでしょう。 またそうして得た情報からWriting、Discussion Taskを通じて、アジア各国の課題や日本との相違点を英語で表現することで productive な技能を効果的に向上させることができます。こうした技能の向上に加えて、Warm Upではアジア各国についての身近なトピックを取り上げ、Reading Taskでは200語程度の英文でさらに詳しく紹介していますので、DVDを見る前にその国についての基礎
Macmillan English Grammar in Context at Kinki University
Kelly senseiBy Richard J. Kelly (Kinki University, Osaka)   The Department of English Literature and Cultural Studies in the Faculty of Literature, Arts and Cultural Studies at Kinki University, Osaka focuses on teaching essential English language skills (listening, speaking, academic reading, academic writing and grammatical structures) as well as literary and cultural content (poetry, drama, prose fiction and film studies). The teaching method is predominantly seminar-style teaching in small classes of around 8 to 10 students. The educational goal is to equip students with English language competency that can
Face to Face in a Multi-level Intensive Program
By Bettina Begole (Tottori University of Environmental Studies) Students at this university are required to take a three-semester set of intensive English classes. One part of that is their Speaking and Listening class, which meets once a week over the two semesters of their first year and the first semester of their second year. The more than 300 students who enter this program each year are divided into 12 class groups by a placement test, and Face to Face is used with all 12 groups. Face to Face is a good textbook for this program because of its relevance to young students, its predictability (for lower-level groups) and the ease with which teachers can add other, relevant activities (for higher-level groups). We spend about three weeks on each unit, and the classes are conducted
Warmers? Enders? Fillers?
By Craig Simons   What is more gratifying to a teacher than getting a lesson off to a fun, stimulating start? Other than ...  a satisfying finish and students leaving with smiles on their faces? And how about in the middle of a long lesson, when energy levels are flagging, something to break up the lesson and get the learners re-focussed? Whenever they occur, short, light language activities can have a positive effect. Call them "warmers", call them "enders" or even "fillers" - they can always be winners and a great help to teachers. So here is a short collection of proven activities that you can use any time in a lesson to break the ice, change the mood, break up a lesson or send them away smiling.   Teams hangman race. Divide the class into two teams and put two sets of
Reading Keys New Edition [It’s all in the title]
Miles Craven sensei 2By Miles Craven (Author of Reading Keys New Edition)       Of all the courses I have written, Reading Keys is my favorite for two main reasons. First, with a reading course comes the freedom to cover a vast range of diverse topics. Moreover, the driving force is the content itself rather than language, which for a textbook writer makes a refreshing change! The topics and themes have to be interesting to a broad range of readers. Yes, it is possible to include some quirky topics on offbeat themes, but actually far more interesting in my view is the need to cover familiar topics
Breakthrough Plus Q+A
Miles Craven senseiBy Miles Craven (Author of Breakthrough Plus)    Who are the target students for this course? Adults and young adults who need a little support, but who also want to be given space to express themselves and their ideas. It’s a tricky balance to pull off, but Breakthrough aims to achieve this by presenting language in context, then practicing it through a variety of linguistic and visual drills, before ending with a personalization task which brings everything together. What do you think is the main difference between Breakthrough and other rival courses? The flexibility. No teaching
Practice with Presentations
Brooks sensei photoBy Brooks Slaybaugh (Yokohama National University)   Recently I started teaching a class for presentations. As I have never taught such a class before I spent time looking at university approved textbooks and spoke to teachers about how they go about teaching such a class. This particular class is a different kind of class, as it is task-based. Technically it is a speaking class, but the focus of the course is for students to learn to give presentations in English. Students need to give a few presentations in the class and the final test is for each student to give a longer presentation
普通科高校での英語授業
OLYMPUS DIGITAL CAMERABy 吉田雅子(愛知県立中村高等学校)   多くの英語教育関係者がご存知のように、高等学校では2013年度から新指導要領に則った英語授業を実施しています。科目名は、「コミュニケーション英語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」「英語表現Ⅰ、Ⅱ」となり、4技能を総合的に育成する活動を取り入れ、原則的に英語で授業することになりました。 私が勤務する全日制普通科の、いろいろな意味で本当にフツーの学校で、英語授業をどのように行っているかについてお伝えします。     1.   英語で授業するための学年共通のワークシート 英語で授業を行い、「生徒が英語を使う機会をできるだけ多く与えること」を授業のねらいとする場合、どのような授業をしていったらよいかから考えなくてはいけません。なぜなら、教員自身がそのような授業を高校時代に受けたことがないからです。ひょっとしたら大学ででも経験していないかもしれません。従来の訳読式授業、生徒に単語に意味などを予測させる予習を期待し、授業では英文和訳を行う形式では、英語で授業は不可能です。 授業でどのような力をつけたいのか、その目標を明確にするために、ワークシートを作成します。多くの場合、1学年の同じ科目の授業を複数の教員が担当することになるので、学年共通の目標が必要です。 たとえばリーディングの場合、プレ・リーディング→ホワイル・リーディング→ポスト・リーディングの流れに沿ったワーク
Mysteries in English teaching in Japan
By 木村 正和 (加藤学園暁秀高等学校/日本大学国際関係学部) More than 30 years have passed since I started teaching English at senior high schools in Japan. I have come across some mysteries in the ways English is taught in this country. #1: What is the purpose of English learning in this country?  私は、英国のPolytechnic of Central London(現Westminster University)で外国人のための英語コース(Cambridge Certificate of Proficiency in English/ Cambridge Diploma in English Studies)を受講し、英語を学び直しました。日本の大学での専攻は法学部であったために、イギリスでの英語学習体験は実に「新鮮」な体験でした。英語のテキストを読み、自分の英語語彙力でその内容を要約し(本文テキストで使用されている単語、文を使用することは、テキストの剽窃であり、内容要約は自分の語彙力で表現してこそ、読者としての内容理解の表現が可能であることを学んだことは、大きな収穫でした。なぜなら、読解は、自己の表現行為と結び付くときに初めて完成することを体験したからです)、小説を読んで、そのテーマにそってエッセイを書き、他の学生の考えと比較し、批評しあい、議論する。英語はコミュニケーションの手段として機能することを体験できたことが「新鮮」な体験だったのです。 一方、日本の英語の教育現場では、英語はあたかも「死体解剖」の材料です。英語
How to improve your Lesson Plan
Jim senseiBy Jim Mansfield   To improve your lesson plan and help teachers use effectively the different tentative objectives, courses of study, manuals, basic textbooks, circulars memoranda, bulletins, and other printed suggestions issued to the field the following points are suggested:     (1)  Definite aim or aims stated in terms of objective skills, habits, knowledge, attitudes,etc. (2)  Sources of subject matter with the page or pages of the manual, courses of study, objectives, textbook, and other references, if any and the list of key expressions to be used in development lessons in su
多読多聴にMacmillan Readers/ Catch the Worldで精読
宮下先生By 宮下いづみ (Eunice English Tutorial主宰/実践女子大学非常勤講師/SEG多読コース主任講師)   英語多読を小学生から大学生までの全学年の授業に導入し、大人の方とも多読の楽しさを共有しています。 Macmillanのリーダーは、必要不可欠な図書で大活躍してくれています。多読に加えて精読の授業では、Catch the Worldが、新しい話題満載で、生徒の気持ちをぐっととらえてくれています。この2つの活用法をご紹介します。     1. 英語多読 楽しい多読では「わかる」「理解できる」読み方をすることで、楽しく英語力を伸ばしていきます。ABCから始める小学生は、絵本を中心に多読を開始します。Macmillan Readersは、不思議に思われるかもしれませんが、小学生の目標本でもあり、大学生の多読授業のはじめの一歩でもあります。(2で紹介) 英語多読は、英語に慣れていない人はCDを聴いて多読するのがおすすめで、音なしの自力読みとともに進めます。どのステージの生徒も必ず行っているのが、記録を多読手帳に取ることです。多読手帳には、月日、タイトル、シリーズ名、読みやすさレベル、語数、評価、そして感想を入れてもらっています。感想を書くと、読み手が自分で意見を述べる練習になるのと、複数の教員が多読指導する場合でも参考になり進めやすくなります。 &n
Teachers Reading Graded Readers
By KONICA MINOLTA DIGITAL CAMERAGregory Strong (Aoyama Gakuin University)   I’ve assigned graded readers to my EFL students for many years now. But I only began reading them when I started writing graded readers a few years ago. It’s something that I’d now recommend to every teacher. The practice has helped me to choose the best ones for our graded reader program. I’ve learned more about writing, too. I’ve also come to appreciate graded readers as stories and articles in their own right. To start with, working with the librarians at my university, we’ve established a section of the library where all the re
Learning English through football
Damian Fitzpatrick - PhotoBy Damian Fitzpatrick and Damon Brewster As educators, we all love those ‘teaching moments’ in a class, when an unplanned event provides occasions for engaging and motivating our students in the learning process. Wouldn’t it be great if these unplanned moments could be extended and somehow made to occur regularly? While not exactly a teaching moment in the classic sense, the genesis for the site I and my colleague, Damian Fitzpatrick run, languagecaster.com, came about in 2006 because of the convergence of an opportune moment that dovetailed with two things we shared: a wish to help l
『ローマの休日』で学ぶ日常で使える英語表現 Macmillan Cinema English Classic ‘Roman Holiday’
roman holidayBy  濱田真由美(流通科学大学)、穐本浩美(明石工業高等専門学校) 本書はクラシック映画を取り上げたMacMillan Cinema English Classicシリーズの第2弾として刊行されました。日本人に人気のあるクラシック映画の名作『ローマの休日』を利用した総合教材で、英語能力に自信のない学生、あるいは英語に興味が持てない学生にも英語学習の動機づけを与え、映画を楽しみながら英語能力の向上を目指すことを主な目的としています。   また、本書の内容に対応したCALLシステムの動画学習ツールである「ムービーテレコ」教材、Roman HolidayがCHIeru社から発売されているので、本書と組み合わせることで、バラエティー豊かなエクササイズやアクテビティーが可能になり、さらに効果的で充実した授業を提供することができます。     本書の特徴: 1)教科書には全てDVDが貼付され、学生の自宅学習が可能。 2)英語字幕、日本語字幕あり、字幕なしと3パターンの使い分けができるので、学生の能力に応じてエクササイズの難度を調整することが可能。 3)映画の画像をふんだんに取り込み、視覚的アピールを利用したエクササイズを提供。 4)語彙の導入から始まり4技能全てを網羅する多様なエクササイズを用意。 5)ユニットの最初に導入された
理工系大学でのグローバル英語教育について
山崎先生By 山崎敦子(芝浦工業大学)   理工学分野では研究領域のみならず、ものづくり系企業のグローバル化が加速しています。グローバル環境で求められる人材には、広い視野に立った教養と専門性、異なる言語・文化と価値の中で適切なコミュニケーションができる能力が求められています。 グローバル環境下での理工系lingua francaは英語ですので、専門知識を基礎とした英語でのコミュニケーション能力養成が、理工系大学では重要な教育目標となっています。グローバル人材輩出に向けて、理工系大学では専門科目の英語化が進んでいます。 また、英語力の高い専門分野の教員が専門授業だけでなく英語授業を担当することも増えています。理工系専門家とグローバル・コミュニケーション教育専門家の一層のコラボレーションが重要であり、理工系大学での英語教育には学生の将来を見据えた目標設定とPDCAサイクルをともなった教育スキームが必要であると言えるでしょう。 芝浦工業大学では、文部科学省に採択されたグローバル人材育成推進事業にこの視点を入れて多くの取り組みを行っています。この事業における英語力養成の取り組みとして、工学専門科目の英語化、英語授業と専門科目の連携、専門分野別の英語教材作成を行っているほか、海外の提携工学系大学とともに開発した工学系英語研修やグローバルPBLへ多くの学生を派遣しています。また、工学コンテクストでの外国語コミュニケーション力評価
Get your students ready for the Olympics!
藤田先生By 藤田玲子 (東海大学) 東京オリンピックの開催を2020年に控え、日本のツーリズムはますます熱くなっていきます。外国人と関わるツーリズムの現場である旅行業やホテル業に興味を持つ学生さんも増加していくのではないでしょうか。   私の担当する東海大学の観光学部2年生の必修授業「英語・観光学」の授業では、マクミラン社のTravel English for Tourism Industry Professionals を使用して、ツーリズム産業で使用される英語の特徴を織り交ぜながら、いろいろな観光シチュエーションの英語の学習を行っています。 ツーリズムの英語の特徴は、(1) 接客の英語、(2) 異文化コミュニケーションの英語、(3)一定量の専門用語を含む特殊英語、という3点を大まかにあげることができます。   (1)の接客英語とは、丁寧な表現や婉曲表現を学び、相手への敬意を示すことです。しかし、接客というのは相手の様子や状況で変わってきます。場合によっては丁寧すぎることが場違いなこともありますから、状況に応じて英語の使い分けができるようになることが目標です。 (2)の異文化コミュニケーションですが、観光の現場にいるお客様は必ずしもネイティブスピーカーではありません。逆にそうでない方が多いと考えたほうがよいでしょう。先方が日本語を話さず、こちらも先方の言語を知らなければ、多くの場合「英語」が
Biz英単600:国際ビジネスでのプレゼン、語彙、通訳を実践的に学ぶテキスト
Biz英単By 辻和成、辻勢都 著者は大学院で日英間の通訳・翻訳を学び、大手企業の専属通訳者として社内役員会議での同時通訳を主業務に様々な国際ビジネス会議における逐次通訳に携わりました。その専門と経験を活かして作成したのが本テキストです。     『同通メソッドでモノにするBiz英単600』は、以下の目的で使用できるテキストです。   ● プレゼンテーション:ビジネス会議における英語プレゼンテーション・スキルを伸ばす ● ビジネス用語:国際ビジネスに携わる際に、基礎知識として知っておくべき英語と日本語の語彙力をつける ● 通訳:国際ビジネスにおける日英通訳スキルを養成する   具体的には、大学などでのプレゼンテーションクラス、ビジネス英語クラス、通訳クラスなどの補助教材に適しています。また、自学自習用の教材、そして、英語ビジネス文書を作成する際の参考書としても使用していただけます。     CONTENTS ◆  通訳訓練法を活用した学習方法 (1)  クイック・レスポンス (2)  リテンション (3)  オーラル・トランスレーション (4)  練習フロー・チャート、プレゼンテーションの流れ、付属CD活用方法 ◆  英語プレゼンテーション:「英語プレゼンの流れ」に沿った必須英語表現
Using Golden Age of Hollywood to Supplement Course Content
Kevin senseiBy Kevin Miller (Tsurumi University) A commercial textbook is typically chosen by a teacher to form the core of the course, and the units of the text often set the syllabus. This was not, however, the approach I took when designing my 28-week movie appreciation class (called ‘Screen English’) at Tsurumi University. My plan was to have a movie genre focus in the first semester and a movie director focus in the second semester, and each week I planned to show DVD or YouTube clips that tied in with the syllabus topics and to devise original activities to expand them. However, I noticed, while leafing through
Let’s Get Down to Business:ビジネス英語テキスト2
クイーンズランド大学 辻和成先生By  辻和成 (武庫川女子大学) 最近は大企業だけではなく中小企業も経営のグローバル化を進めており、国際ビジネスの共通語である英語のニーズが確実に高まっています。実践的な英語力をつければキャリアの選択肢を広げることができる時代だとも言えるでしょう。本テキストは、将来、グローバル企業に勤めたい、あるいは海外と関わりのある仕事がしたい学生のみなさんのために作成しました。   『Let’s Get Down to Business:ビジネスコミュニケーション英語入門』では、大学生の主人公が就職活動を経て東京に本社のあるElec International Corporationに就職し、米国のEco Motorsとの電気自動車開発の国際プロジェクトに携るというストーリー展開になっています。国際的な職場環境で必要とされる英語コミュニケーション力を養うと同時に、会社を構成する部門や各業務に関する基礎知識を身につけることができる内容になっています。   全部で12章からなり、各章のトッピックに関連したPart 1(オフィスでのやりとり)とPart 2(電話でのやりとり)から構成されています。また、各章にあるBusiness Topic(英文)では、国際ビジネスに関する実用的知識をさらに深めることができます。   Unit 1  就職活動、T
多聴多読を取り入れて
pic2 By 中西貴行(常磐大学 人間科学部) 私の担当する上級英語では、前期にCubic Listening: Check In, Check Out. 後期にCubic Listening: Closing the Culture Gap.の2冊を使用しています。今回は、その上級英語で実践している教科書の使用方法や多聴多読の取り組みを紹介いたします。 まず、初回の授業で各学期に教科書を1冊すべて終わることを説明し、授業の流れに入ります。この教科書を選択した大きな理由の一つに「学生が教科書の音声にインターネットで自由にアクセスができる」ということがあります。その利点を十分に活用するため、学生をCALL教室に連れて行き、インターネットからどのように教科書の音声にアクセスするのかを丁寧に説明します。マクミランのホームページに「マイスクール」という欄があるので、そこに該当教科書を設定してもらうとより簡単にアクセスできます。 音声へのアクセスが理解できたあと、第2回の授業に向けて宿題(units 1 & 2)を出します。授業では時間節約のため、できるだけ音声を聞かず、学生は必ず授業に向けてしっかり音声を聞き宿題箇所を終えてから授業に臨む必要があります。授業では、わからないところや間違えたところのみをCDで再生し、再度確認。どのように聞き間違えていたのかがわかるまで何度か再生します。この流れの良い点は、学生は自分で予習をする際にも
Using Technology in the Classroom
Matt Caldwell senseiBy Matt Caldwell   I teach as a part-time English language instructor in a number of universities and up until this past academic year, have generally tended to approach anything that required the use of technology in class with some trepidation. Why? Well, I suppose the fear of the unknown and looking like a fool in front of my students has contributed, but more importantly, I was concerned that for the amount of effort required, the students might not benefit very much from it. Thankfully, neither of these things happened during my attempts at introducing some technology into my cla
Applying simple yet effective action research principles to the language classroom
Brent CotsworthBy Brent Cotsworth When I first started teaching ESL, my image of action research was very time intensive and laborious. However, not all action research has to be long or arduous in order for it to be effective. I have found in the last few years that using simple action research based principles in my classroom can help assess student needs and enable better understanding of students both on an individual and group level, therefore influencing my class preparation. Additionally, it has helped me accumulate a wealth of data that I can use for further research. For those unfamiliar with the term, a
My Impressions of the Breakthrough Series
BTPBy Jonathan Kay My name is Jonathan and I am a thirteen year EFL veteran teaching at a Kousen in Japan.   When first teaching large groups of learners I was lucky to have the Get Real series by Miles Craven available. It was simple enough to use and lent itself to large groups of learners better than other textbooks. As a foreigner teaching thirty to fifty young people with varied language proficiency and motivation levels, finding the right material, (for both my own classes and those of the part-time instructors at the school), is quite a challenge. Get Real was good, but the Breakthrough Plus series is even bette
Activities that have worked for me
Spike Shimodaira - Profile Photo (2)By Spike Shimodaira As teachers, we all have certain knowledge about teaching. It can be things we learned in a TESOL course, read books on, heard from our fellow teachers, or of course through the Macmillan web site!   Acquiring knowledge is not that difficult in this information age. More than enough information can be found on the Net, and exchanging information and networking have never been easier thanks to technologies such as SNS (Facebook, etc.) and email.   However, putting that information to practice is the hard part. You know something is a go
Breakthrough Plus: The Right Mix of Everything
By Matthew Hauca (Jinai University) The selection of a four-skills textbook for a general English course is no easy task. There are many textbooks and countless supplemental materials to choose from. A textbook that is flexible in its design and syllabus, includes an ample amount of material and is easily adaptable across a range of student levels is most ideal.   I chose the Breakthrough Plus series for these exact reasons. Breakthrough Plus has a straightforward design with content that meets the needs of a multi-level classroom. The layout of the series is simple in its presentation, yet robust in its material and resources
Media and Motivation
Maek Post sensei photoBy Maek Post (Kinki University) Media. We all use it. We all love it. And are all consumed by it. However, what is the role of media in the classroom? We know what the role of media is in our lives -entertainment, information, communication-but what is the best way for it to be harnessed within the classroom as a tool to aid students in learning English?   It is my opinion that examples of media and media devices should be used to help motivate the student to communicate in English whenever possible to form better friendships in the classroom. With this in mind, using media to
Student-Centered Instructional Strategies for EFL Public Speaking Courses
OLYMPUS DIGITAL CAMERABy Eriko Katsumata  (Aoyama Gakuin University) Public speaking is considered an important skill for Japanese university students. From my experience teaching EFL public speaking courses at a university in Japan, I know that many Japanese university students get nervous when giving a speech in front of people. They do not want to talk in front of people because they say they do not have enough confidence. However, I found that after taking one semester of a public speaking course, students reported increased confidence levels in their speaking skills. Many Japanese students are new
Developing Student Motivation
KBy Gregory Strong (Aoyama Gakuin University) Teachers recognize the value of student motivation, but sometimes wonder how to promote it. Dörnyei and Csizér (1998) surveyed 200 language teachers about the effectiveness of 51 different motivational strategies. All their strategies are worth exploring, but for economy, I’ll deal with ten “macro-strategies” drawing on my teaching experiences over the past 33 years.   Set a personal example with your behaviour. I prepare classes well. Even on a bad day, I’m enthusiastic, smile, and even make jokes. Create a pleasant, relaxed atmosphere. Where appropriate, I use perso
LEXICAL PLAY: The Alphabet Poem & the I RO HA Song
Taylor Mignon - Profile PhotoBy Taylor Mignon (Nihon University) Introduction The quick brown fox jumps over the lazy dog. I read an alphabet poem by Ray Craig published side by side with the いろは歌 (I Ro Ha song) in the bilingual journal Ko-e. Both works were published in English and Japanese. This gave me the idea of using both for writing activities. The Alphabet Poem is the ideal primer for writers before composing their own version of the 11th century I Ro Ha, using each character in the syllabary exactly once for both activities. These exercises encourage the discovery of new vocabulary through huntin
Breakthrough Plus: The Right Mix of Everything
Matthew sensei By Matthew Hauca (Jinai University) The selection of a four-skills textbook for a general English course is no easy task. There are many textbooks and countless supplemental materials to choose from. A textbook that is flexible in its design and syllabus, includes an ample amount of material and is easily adaptable across a range of student levels is most ideal.   I chose the Breakthrough Plus series for these exact reasons. Breakthrough Plus has a straightforward design with content that meets the needs of a multi-level classroom. The layout of the series is simple in its presentation, yet
コミュニケーション活動を活性化するCLIL
笹島先生 笹島茂(埼玉医科大学) 写真は、ヘルシンキ大学のHeini-Marja Järvinen先生とのツーショットである。先生はフィンランドでCLIL (Content and Language Integrated Learning)を推進している一人である。私は、日本でもフィンランドをモデルとしてCLILを推進すればよいと考えている。CLILは、英語教育に限らず、日本の今後の教育全般に影響を与える可能性がある。   私が勤務する埼玉医科大学医学部では、同僚のChad, Mike, Martin, Frances, Steven, Riu各先生と協同でCLILを展開している。もちろん、日本的にアレンジしたCLILだ。その一環として、『New Airwaves』を使ってコミュニケーションの授業もしている。英語による基本的なコミュニケーション、特に双方向性のある やり取りを中心とした(dialogic)授業は、受験勉強を中心に英語に接してきた医学生にはとりわけ必要だと感じているからだ。これがCLILの基礎を作っていると言ってよい。   『New Airwaves』を使ったコミュニケーション活動のおかげで、健康科学を扱うCLILの授業がより活性化する。逆に、CLILがコミュニケーション活動の内容をおもしろくさせているとも言える。英語カリキュラム全体は総じて学生からの評
映画で学ぶアメリカ社会
4.Chieru雑誌写真 By 明石工業高等専門学校 穐本浩美 流通科学大学 濱田真由美 今回ご紹介する拙著 “American Society in Focus” は、マクミランシネマイングリッシュシリーズの第一弾として2004年に刊行されました。本書では英語学習のみならず、アメリカの社会問題や文化的特徴の導入も目的の一つとしています。12ユニットで構成される本書は異なる12本の映画を使用し、それぞれの映画がアメリカの社会問題や文化的事象などを捉えています。以下は各ユニットで扱っている映画のタイトルとそのユニットでのテーマです。 Unit 1   Major League 2(アメリカのスポーツ) Unit 2   You’ve Got M@il(サイバーラブ) Unit 3   John Q.(臓器移植問題と医療保健制度) Unit 4   Mrs. Doubtfire(アメリカ人の家庭と離婚問題) Unit 5   Stepmom(ステップファミリー) Unit 6   Air Force One(テロ対策とアメリカ合衆国大統領) Unit 7   Working Girl(女性の社会進出) Unit 8   Philadelphia(エイズに対する偏見)   Unit 9   Music of the Heart(教育問題)   Unit 10  The Ra
Key English for Science: Writing Skills Level 1 and 2
  Key EnglishBy Michael Schulman and Hiroyo Yoshida The ability to produce well-structured and effective academic writing is a must for any university student. The formal structure demanded by this type of writing can be an especially daunting task for a student writing in a second language. Key English for Science: Writing Skills Level 1 and 2 provide the instructor with real tools to help students write effectively. Each unit starts with a lengthy dialogue which introduces the topic and main points to be covered during that class session, including the theme of the writing assignment at the end of the unit. The
「子ども目線」のフォニックス指導
#8 中村先生 by  中村 麻里 幼児・児童への英語教育がますます注目を浴びる中、フォニックス(音声と文字の関連)指導も徐々に浸透してきました。子ども向けのフォニックスの教材も多くみられ、指導者にとっても選択肢が増えてきています。しかし、母語である日本語の読み書きをやっと覚え始めた幼児にフォニックス指導をするのは意外と難しいものです。「楽しく繰り返し練習をさせるアイディアが思い浮かばない」 「鉛筆を持ち慣れていない子に合う教材がない」 「アメリカ人向けの歌は難しすぎて・・・」 など、これまで多くの先生方からご相談を受けてきました。幼児から小学低学年向けのフォニックス教材『Phonics Farm』の執筆にあたり一番大切にしたのは「日本の子どもにとって使いやすいものに」ということです。子どもにとって使いやすい教材は指導者や保護者にとってもサポートのしやすい教材。そこから「楽しい→集中できる→上達する→楽しい」という好循環が生まれます。 「子ども目線」のフォニックス教材Phonics Farmには次のような特徴があります。   1.小文字だけを教える みなさんの身の回りの洋書やウエッブサイトをみてください。ほとんどが小文字で書かれていますね。子ども英語教材の多くは大文字と小文字を同時に導入していますが、Phonics Farmでは小文字だ
英語への苦手意識を解消する授業を目指して
3 By  重光 由加 (東京工芸大学) 東京工芸大学の厚木キャンパスの工学部の英語の授業の一部をご紹介します。工学部では1、2年時の2年間必修の英語の授業があります。1年生は英語の基礎的知識の確認に重点を置き、2年生は就職活動や就職後に自分で継続して学習する方法を視野に入れた授業を展開しています。   ここでは、2年生の作文の授業と、3年生以上のコミュニケーション重視の授業を紹介します。実は、毎年4月に工学部の全新入生に行うアンケートでは、7割前後の新入生が高校時代に苦手な科目、嫌いな科目に英語をあげているので、まずまず、英語への苦手意識を解消することが肝心です。 22年生の必修の授業では前半はTOEICの問題形式に沿った練習を少し、後半はパソコンを使ったライティングを取り入れています。以前は、英語授業用のソフトを使っていたこともありましたが、今はワードを使った英文の書き方ルール、パワーポイントを使っての英語のプレゼン用スライドづくりなどが中心です。英文の中身も大切ですが、工学部の卒業生は、英文のマニュアルを作ったり測
Active English Skills: Communicative English Through Tezuka Manga
Evans先生Many English native speaker teachers will have heard of Osamu Tezuka’s manga and be familiar with the warm humanity of his creations. This textbook is based on the iconic works “Astro Boy” and “Black Jack” and aims to develop students’ productive communicative skills. Students are certain to be motivated by the moving stories featured! On top of that, mastery of the grammatical items and vocabulary is bound to lead to an improvement in communicative ability. We are sure that the content of this text will make both students and teachers feel happy and fulfilled.   Special features of this text: 1. Emphasis on
Active English Skills: Communicative English Through Tezuka Manga
1.奥切先生奥切 恵 / Hywel Evans 「Active English Skills 手塚治虫のマンガで学ぶコミュニケーション英語の基礎」は、人間味にあふれる手塚治虫のマンガ『鉄腕アトム』と『ブラック・ジャック』の英語版を題材にした、発信型コミュニケーションの力を身につけるテキストです。感動的なマンガで、学生たちはやる気満々になることまちがいなし!その上、きちんと文法項目や語彙もマスターでき、コミュニケーション力大幅アップもまちがいなし!このテキストで教師も学生も両方とも、充実感を味わうことができて、とってもHAPPY! このテキストの特徴 1. スピーキングとライティング中心のプロダクションを重視した教材です。 2. 各ユニットは、「説明する」「提案する」「意見を述べる」といった言語機能別に構成されているので、学生たちが具体的な目的を持って学習できます。 3. 最初のユニットは比較的簡単な文法から始め、次のユニットでは前のユニットで学習した語彙や文法も使いながら学習できるので、テキストを進めるだけで同時に復習も、統合的に学習できます。   テキストの構成 1. Warm-up: マンガシーンのあらすじをCDでディクテーション、内容についての穴埋め問題 2. Today’s Speaking Target: アトムやブラックジャックが使った表現を使って学習する文法を穴埋め問題で確認。Manga Sce
Essential Academic English について
松尾先生松尾英俊   「アカデミック英語基礎演習 Essential Academic English」はこれから留学を考える大学生、高校生、そして中学生の皆さんにぜひ手に取って頂きたい一冊です。   国際化教育について、多くの議論が続けられ、社会は海外でも通用する人材を常に探し求めております。一方、企業の人事担当の方々は、こうしたニーズに適した人物探しに大変な苦労をされています。 そして大学・高校はもとより、中学でも海外研修などのチャンスが増え、さらに小学校でも英語教育が開始、未就学児童に対しても様々な国際教育のチャンスが設けられております。 すべては世界で通用する人材の必要性から、と僭越ながら英語・国際化教育の現場にいる者として少なからず理解しております。 しかしながら、現状では必ずしも満足のいく国際化教育やその準備がなされてはおりません。特に英語圏での留学に挑戦していく学生たちの中には、現地で同じクラスの学生たちが、普段から使っているアカデミックな用語などを予習していくチャンスにも教材にも恵まれなかったため、予想外に多くの時間がかかり、尚かつ満足いく成績がとれなかったと嘆く学生も多くおります。 こうした現状に少しでもお役に立てればとの思いがこの本の根底にはあります。 1冊で大学に於ける一般教養でカバーされる分野のエッセンスを吸収できるようになっております。生物学・地質学から歴史・
LISTENING MASTER TEACHING TIPS
伊藤先生by 伊藤 裕美子 For beginners ○聞き取りの集中力を高める工夫 →学生に、CDを1回だけ流すので、どんな状況で、どんな人々が出て来て、どんなやり取りをしてるのか注意して聞くように促します。 →聞き取ったあと、挙手して答えてもらったり、指名して答えてもらい黒板にその内容を図示して行きます。 →セリフの一部が出て来たら、吹き出しなどでかき込みます。 →出来るだけくわしい内容を書いた後、もう一度CDを聞きます。 →CDの後について練習します。(出来るようならシャドーイングで) →ペアを作り、片方だけがテキストを見て言います。(相方はテキストを見ずに。できないときは、ヒントをもらいます) →交代します。 ○リスニング力を高めるのに意外と効果のあるローテク書き取り  リスニング力がどうしても伸びない時にやってみると意外と効果があるのが書き取りです。学生が英語を聞き取れない背景には、英語の単語を知らないとか文構造がわからないという基礎力の欠如が隠れています。テキストを見ながらの書写でも、回数を繰り返すことで語順が身に付きますので、ややこしい文法の説明は抜きにして書き取り練習を行ってはいかがでしょうか? →テキストのダイアローグを教師がゆっくりとリズムに注意して読みます。 →学生はその後につけて、音のつながりなどに気をつけて読みます。 →2、3度繰り返します。 →英文を見ながらノートに書き写します。学生の緊張感を高める
A Case for Communicative Writing
6.LeBeauBy Charles LeBeau Thirty-some years ago when I came to Japan I had the opportunity to work for a large heavy-industry company.  Sixty-percent of its sales came from overseas.  Global communication then was very different from what it is now.  There was no Internet, no email, not even any fax machines or computers.  Letters could take up to 10 days or two weeks round trip. When there was a problem with an overseas customer or supplier, we picked up the phone.  In every department, there were a few very fluent English speakers. These chosen few were the contact points to the outside world. The telephone was the “information hig
HEALTHTALK Health Awareness & English Conversation Third Edition for 2014
4.HealthtalkInterview with the Author: Bert McBean Q. HOW WOULD DESCRIBE HEALTHTALK? Healthtalk is a content-based conversation textbook intended to increase the health awareness of Japanese students and give them practice in English conversation.  Like many other conversation texts, it is communicative, student-centered, and written for young Japanese at the intermediate level.  The difference is the subject matter, the content.  The text covers twelve important health themes: Longevity; Cancer Prevention; Smoking; Environment & Health; Exercise; Nutrition; Alcohol; Stress; Obesity; Dental Care; AIDS, and Dep
The Idea That Excites the Teacher is a Natural Source of Illumination for the Student
Powerful reader photoby Joan Young Gregg and Beth M. Pacheco We are delighted to have this opportunity to contribute to MLH’s current forum of Teacher Talk.  Like many of our colleagues, we were drawn to ELT by our passion both for exploring various cultures and for teaching reading and writing to a diverse student body.  We met as young, inexperienced teachers in a girls’ public high school in New York City. Many of our students were from immigrant backgrounds. Their parents favored an all-girls environment for their daughters.  We still recall with chuckles a librarian directed us to “quiet down or leave” as w
日本の学生、捨てたもんじゃない
峯先生峯慎一 (明治大学経営学部非常勤英語講師) 現在、私は明治大学経営学部で英語の非常勤講師をしています。人生の3分の1を英語とスペイン語圏ですごし、米国の小学校、高校そして大学で日本語とコンピュータプログラミングを教えて来ました。また、縁あって10年ほど、ジャーナリストとして米国から同国のコンピュータと教育に関する記事を日本の月刊誌に連載。3人の子どもたちも米国の大学をでて、永住権も取得していたため、帰国すること、ましてや日本の大学で教壇に立つというオプションは考えてもいませんでした。 最大の理由は、来訪される日本の大学教授たちから、「大学受験で疲れはてて入学した日本の大学生は勉強しません」と異口同音に耳にタコができるほど聞かされていたからです。 そんな訳で、みんなのぼやきを頭から信じて、「日本の大学で教えることはないだろう」と思い込んでいたのです。 ところが、あるきっかけで、明治大学の経営学部で英語を教えることになったのですが、教え始めてあることに気づきました。日本の学生は 1_中、高では入試用の英語がメインなため、英会話の練習をしたことがない。 2_分からないとき積極的に質問をしない。 3_「知っている人は?」という質問に知っていても、手を挙げない。 これではグローバル人材は育たない。そこで、学生たちに自信と度胸をつけさせるため、ある課題を課すことによって意識変化を導くことができたのです。その課題とは……。 「外国からの旅行者たちに
これからの英語教師に必要な指導技術(1) ~特別支援を要する生徒への対応術~
瀧沢広人 (埼玉県小鹿野町立小鹿野小学校教諭) 20120308-4 昨年、文部科学省から6.5%という数字が出された。これは、全国の小中学校で1クラスの中に、発達障害など特別な支援を要する児童・生徒が占める割合である。特別支援学級ではない。 ADHD(Attention-Deficit / Hyperactivity Disorder:注意欠如・多動性障害)、LD(Learning Disabilities:学習障害)、AS(Asperger Syndrome:アスペルガー症候群)など、なんらかの発達上の障害を抱えている児童・生徒が全国の小中学校で普通学級1クラスあたり、6.5%いるというのである。30人学級であれば、約2人。 私たちは全体指導をしつつも、この6.5%の児童・生徒への指導を同時にしていかなくてはいけない。その技量を、これからの教師は求められていることになる。 例えば、そのような児童・生徒はbとdを間違えてしまったり、単語を何回書いても覚えられなかったりする。また、先生の後に繰り返して音読すれば読めるのに、「じゃあ、読んでみよう」と言って、1人で読ませようとすると、黙ってしまい、読めなかったりする。これらの児童・生徒は、なんらかのLD(ディスレクシアなど)を疑う。 教師はまず、この「疑いを持つ」ところから指導が始まることを知ってほしい。日本におけるディスレクシアの割合は、4.5%。英語圏では、10%から20%との報告がある
A Wall of Sound by Herman Bartelen
1.The story of popular musicI recently read two intriguing studies about music. One study suggested that musical skills can help improve reading skills, while the other linked the singing of a foreign language being learned with better retention and accuracy. Both studies hint at the power of music. Music can heal, music can relax, music is “like a bridge over troubled water”, and, let’s face it, music can make you shout, “I feel good!” And that’s why there should be more music in our English classrooms. Here’s the “Top 10 Chart”. 1. Children are naturally attracted to rhythm and music, and find it enjoyable learning E
Teaching Culture with American Traditions and British Traditions
2.Todd in HakamaBy Todd Jay Leonard, Professor Fukuoka University of Education Teaching culture, comparative culture, cross-cultural understanding and cross-cultural studies can be tricky, if not difficult, at times because these areas cover such a large amount of material—each with its own set of definitions regarding what each area actually is. What is an instructor to do? Often times the class descriptions are so vague that it makes creating a syllabus nearly impossible. I have found what works best for me is to decide on one approach and to stick with it in order not to cover too much material which can confuse
日本の学生、捨てたもんじゃない
峯慎一 (明治大学経営学部非常勤英語講師) 現在、私は明治大学経営学部で英語の非常勤講師をしています。人生の3分の1を英語とスペイン語圏ですごし、米国の小学校、高校そして大学で日本語とコンピュータプログラミングを教えて来ました。また、縁あって10年ほど、ジャーナリストとして米国から同国のコンピュータと教育に関する記事を日本の月刊誌に連載。3人の子どもたちも米国の大学をでて、永住権も取得していたため、帰国すること、ましてや日本の大学で教壇に立つというオプションは考えてもいませんでした。最大の理由は、来訪される日本の大学教授たちから、「大学受験で疲れはてて入学した日本の大学生は勉強しません」と異口同音に耳にタコができるほど聞かされていたからです。 そんな訳で、みんなのぼやきを頭から信じて、「日本の大学で教えることはないだろう」と思い込んでいたのです。ところが、あるきっかで、明治大学の経営学部で英語を教えることになったのですが、教え始めてあることに気づきました。日本の学生は: 1_中、高では入試用の英語がメインなため、英会話の練習をしたことがない。 2_分からないとき積極的に質問をしない。 3_「知っている人は?」という質問に知っていても、手を挙げない。 これではグローバル人材は育たない。そこで、学生たちに自信と度胸をつけさせるため、ある課題を課すことによって意識変化を導くことができたのです。その課題とは……。 「外国からの旅行者たちに英語で話しかける作戦」。これをFinal Interview Project (FIP)と称して、期末テスト代わりに8年ほど前から学生たちにさせてきました。 FIPは諸外国からの旅行者を相手に、国、名前、旅行の目的、日本の印象など英語で7つの必要事項を尋ね、実行した証拠にその旅行者との証拠写真を撮って、感想文と質問項
Karaoke Day: Using Songs In The Classroom
Why Karaoke? 3.Tom Anderson profile photo(RD)By   Tom Anderson, Aoyama Gakuin University; Tokai University Some teachers think of using songs as a mere “filler activity” for use in a Monday or Friday class.  This is a real shame as songs, when exploited wisely, are a very powerful teaching tool.  My Japanese wife says that her interest in the Beatles and their music helped her with her English rhythm, intonation, and vocabulary.  Tim Murphey, an expert on English language education in Japan, introduced a concept he called the “song stuck in your head phenome
Golden Age of Hollywood
GAHBy Mayumi Hamada and Hiromi Akimoto 映画を教材化し英語教育に利用する試みは、学習の動機付  けという点において高い可能性を秘めています。映画を使うことによりオーセンティックな生きた英語に触れることができ、音声だけでなく視覚的情報も一緒に   得られるので非常に印象に残りやすく、また映画のテーマに関連する文化的、歴史的要素についても学ぶことができます。大学生の英語力低下、英語離れが著し  い昨今の状況において、学生のモティベーションを維持させながら、英語運用能力の向上も目指すことを目的として開発したシリーズがMacmillan Cinema Englishであり、お蔭様でこれまで先生方より大変好評を頂いています。 本書, Golden Age of Hollywoodはクラシック映画を取り上げたMacMillan Cinema English Classicシリーズに属し、Casablanca, Roman Holidayに続く3作目となります。「風と共に去りぬ」「レベッカ」などの往年のハリウッド名作映画12本から各5分程度をダイジェストして1枚のDVDに編集し教材化することにより、バラエティーに富むテーマや文化・歴史情報を提供することが可能になりました。   その他の本書の特徴: 1)教科書には全てDVDが貼付され、学生の自宅学習が可能。 2)日本語字幕あり、字幕なしの選択ができるので、学生の
小学校高学年向けのアクティビティ ~Food around the World~
坂本ひとみ(東洋学園大学教授) Hitomi Sakamoto今回紹介するのは、小学校高学年向けのアクティビティです。食べ物の原産国を示した世界地図をクラス全員で作り上げます。そして、一人一人がみんなの前で、英語で発表することにチャレンジするのです。スーパーマーケットのチラシなどを利用して、身近な食べ物から世界とのつながりを考えることを目的としています。 食べ物は年齢を問わず、誰にとっても興味のわくトピックです。同じコンセプトで英語表現のレベルを上げ、内容を深いものにしていけば、中学校、高校、大学でのレッスンプランも作ることができます。ここでは小学校高学年向けの指導案の流れを紹介します。 1.準備 このアクティビティを行う前の授業で、児童には「スーパーマーケットに行って、外国から輸入されている食べ物を見つけてくる」という課題を出しておきます。 2.導入 (ここでは、キウイフルーツを例に挙げます)キウイフルーツをきれいな包装紙に包み、リボンを結んでプレゼント仕立てにします。それを児童に見せて、"What's this?"と問いかけるところから始め、児童にyes/no questionやwh-questionを考えてもらいます。 たとえば、大きさから推測して、"Is it an egg?"と尋ねる児童がいるとします。教師は、"No, it's not an egg. It's a fruit." とヒントを出していきます。
メディア・リテラシーの意識化をはかる
伊藤晶子(共著:Joseph Shaules/斉藤早苗/Stephen Jenings)

  fish in water メディア教育の視点に立つ英語教材「Fish in Water」を上梓したのは2001年のことです。以降、メディアの多様化は急速に進みました。劇的な変化はなんといってもソーシャルメディア、特にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の出現です。その当時はFacebookやTwitterなど影も形もありませんでした。多様化したメディア社会を生き抜くために、ますますメディア・リテラシー(メディアをクリティカルに読み解き主体的に使いこなす力)が必要になってくると思います。   今回、改訂版を執筆するにあたり、ソーシャルメディア、コンピュータゲーム、Cool Japanを代表する漫画・アニメなどのトピックスを加筆しました。なぜならメディア教育では現在の学習者(学生)の生活とメディアのかかわりに重点を置くため、今日的なトピックスを扱うことが不可欠だからです。   改訂版を使用して気が付いたことを述べてみたいと思います。まず心配したことは、昨今の活字離れの影響で、英文を読んで考える教材は敬遠されるのではないか、ということでした。幸いなことに、学生の学習意欲が高かったこともありますが、ペアや小グループで行うアクティビティがクラスの活性化につながり、問題なく授業を進めることができました。   単調になりがちな本文(約42,3行)の読解は次のように行いました。録音された音声をワン・パラグラフ聞いた後、座席順にひとりワン・センテンスずつ音読してもらいます。問題のない簡単なセンテンスは読み飛
Humor in the Classroom
by Jason White, Himeji High School

There are several strategies that a foreign language teacher can employ to lower anxiety and build a positive learning environment for students, but the most effective strategy is to incorporate humor into the foreign language classroom (Chee, 2006). The benefits of humor are seen both in raising motivation and self-confidence, and in lowering anxiety. As Sylwester (as cited in Chee, 2006) noted, students rate humor as an essential characteristic of a good teacher. Just taking a few minutes at the beginning or end of class to tell a joke, riddle, or pun in English can have a profound effect on a class full of anxious foreign language learners. Additionally, humor can also be used in creative ways to ease tension or help create a positive atmosphere. One example is when my cooperating
This is Japan: Your Culture, Your Life.
by Simon Capper

I recently read Greg Goodmacher’s introduction to his book, Multicultural Perspectives, and his opening comments brought back memories of my own cultural awakenings. When I was about 8, I saw an Indian-looking woman in my hometown. What was that strange dress that she was wearing and where had she come from?! As I grew older I collected stamps from mysterious, exotic, faraway places like Zanzibar, Vanuatu and Japan! Wonderful magazines such as National Geographic and the Family of Man fired my imagination. Experiences like these made me even more determined to escape from my small town and explore the wider world.  And so I traveled the world, working in or visiting about 40
Multicultural Perspectives
by Gregory Goodmacher

 What first influenced you to take an interest in other cultures? I recently asked this question at a Niigata JALT meeting.  Our fascination with other parts of the world stemmed mostly from stimulating stories and illustrations, such as those from National Geographic magazines we read as children, or from TV programs about other continents and times, like Roots, which tells the story of a boy taken from Africa to be a slave and his descendants.  I can still remember Kunta Kinte’s father in a savannah in Africa holding his newborn, the main character, up to the sky and proclaiming his child’s name to his gods. Recalling that powerful scene, a feeling of wonder awakens
Science Reader II
By Kevin Cleary

Our central idea with Science Reader II was to give students many opportunities to read interesting material, and to then spur them to write a paper or make a presentation based on a topic gleaned from the unit. The articles in the book are taken from the very popular Nature News website, www.nature.com/news, and address contemporary issues in science, including environmental science ("Lizards succumb to global warming"), policy considerations ("Animal rights activists invade Europe"), medical treatment ("Colour blindness corrected by gene therapy"), and brain science ("Brain implant allows mute man to speak").  Each article is supported by three essays, beginning with a 200-word i
Getting students to speak
Bill Burns & Michael Hensley

In our experience teaching students fresh out of University, one of the first tasks we face is in getting speaking and listening skills to catch up with reading and writing skills. The biggest challenge here is changing how the students think about English conversation. We see conversation as a way to communicate and connect with other people. Because they are encountering English in a classroom setting, they see it as a test. That means there is a correct answer. They are hesitant to speak because they don't know what they are supposed to say or how to say it. Worries and second guesses about grammar and word choice fill their heads, resulting in silence; or whisk away, resulting in difficult to understand speech. In creating "By The Way", we wanted to make a book that focused on the te
The Story of English
ウザワシステム教育研究所 鵜沢戸久子

  -->   日本の言語教育の一番大きな欠陥は、教材が細切れなことだと考えています。国語教育も名作を何冊も読んだ方が、教科書を勉強するよりはるかに国語力がつくと思いますが、外国語である英語に関しては言うまでもありません。     かつて語学の天才と言われたシュリーマンについて読んだことがあります。彼はそもそも就職のためにフランス語を知る必要に迫られたとき、フランス語の小説を2、3冊読んで暗記したらフランス語で十分仕事ができた、ということです。その後も、言葉を知らない国へ行くとき、汽車の中でその国の本を一冊暗記し(ここが天才である所以ですが)、駅に降り立ったときは不自由なく現地の人と話ができた、と書いてありました。もちろんこれは天才の話です。でも天才といえども我々と同じ人間です。天才が瞬時にできることでも、時間をかけて、人に助けられて同じことをやれば、似たような結果が出るはずだと私は考えています。 その理論により、私は教え始めたころからずっと生徒には何冊もの本を訳して暗記させて英語力を付けさせてきました。 この場合、英語の本ならなんでもよいか、というと、そうではなく、よい本ならそれだけの効果があります。常に優秀なネイティブの先生を用意できるわけではないので、きれいな英語のテープ付きで、内容も充実して、暗誦する価値のあるよい英語の本でなければなりません。こうなると捜すのに一苦労でした。 幸いなことに20年ほど前でしたか、たまたまマクミランから出ている「The Journey Through Japan」というテキストを見つけました。アラン・ブースさんが日本を旅した旅行記で、多くの生徒たちがこれを訳して暗記して一生ものの英語力をつけて卒業していきました。それが絶版になった時に見つけたのが、同じくマクミラン社の「The Story of En
English Safari
Dale Fuller/ Kevin Cleary

    Dear Colleagues, We appreciate the chance to tell you a bit about the development of English Safari 1. A major goal of Safari is to help you maintain an "all English" classroom environment. In fact, as students open the book, they will see a collection of 16 cartoons that show students and a teacher using English in the classroom. These cartoons present useful classroom English in context and in action. Looking at the cartoons, students will see examples of student-teacher interaction ("I think the answer is ’A’"), student-student interaction (“Way to go!”, as above, or in preparation for an information gap exercise, "I’ll be ’Student A’ and yo
Common Errors in English Speaking
武藤 克彦/ 青木 理沙

● 概要 本書は先生方より大変好評を頂いている『Common Errors in English Writing』のSpeaking編です。 Writing編では、文法項目を中心に日本人の英語学習者が間違いやすい誤りを学習していく内容になっていますが、Speaking編では、学生が英語を使用する状況(キャンパスライフや日常生活など)に基づいてUnitを構成しています。   ● 各ユニットの構成 1. 英語を話す際にありがちな間違いを、会話を聞き、その解説やExerciseを通じて学習できる構成になっています。 -    「Grammatical Errors(文法に関する間違い)」 -    「Expressional Errors (よくある表現の間違い)」 -    「Japanese English(日本人のおかしな英語)」   2.    Information gap activity 楽しんでペアワークを行うことで、実際に学習した適切な英語を話せるようになることを目的にしています。   3.    日本人が英語を話す際に注意すべき発音に関するコラム     ● 本書のねらい―「間違い」は英語学習に有効な情報 英語を学習することの目的は「英語でコミュニケーションができること」という考えには異論はありませんし、実際の英会話においては細かい文法や表現の誤りが含まれていても、発音が日本人英語の発音であったとしても、相手に通じてしまえばそれで目的を達成する場面がほとんどです。しかし、英語学習者は往々にして、表現の細かいニュアンスや文法の誤り、カタカナ英語が原因で相手に自分の意図とは異なったように解釈されてしまいがちです。ブローク
PBT(Paper Based TOEFL)を積極的に活用しよう
横浜国立大学 大学教育総合センター 渡辺 雅仁/田島 祐規子

TOEFLって何? TOEFLは英語圏の大学に入学を希望する留学生の英語力を測定する試験で,世界的に認知されたいわば「世界標準」のテストです.高いTOEFL得点があれば,海外のさまざまな教育機関への入学が可能になるばかりか,海外での企業研修やボランティア活動,国内外の就職活動を有利に展開できます.   さまざまなTOEFL TOEFLは長らく紙媒体を用いて,Listening, Grammar, Reading力を測定するPBT (Paper Based TOEFL) が行われてきました.2000年より,Writingテストの必須化とともに,コンピュータを用いて受験する,CBT (Computer Based TOEFL) に改編されました.さらに2005年には,Speakingテストの必須化とインターネットに接続したコンピュータを持つテストセンターで実施される iBT (Internet Based TOEFL) が始まりました.PBT, CBT, iBTはそれぞれ異なる得点尺度を利用しているので,テスト間での得点換算表が公表されています.   17万人が受験するTOEFL ITP 国内では,2000年より中断されていて,すでに過去のものとなった感のあるPBTですが,現在もなお根強い人気があります.日本国内の多くの大学が,英語科目の能力別クラス編成や単位認定,語学力の測定等の際にTOEFL ITP (Institutional Testing Program) と呼ばれ,試験実施を教育機関に委託する,PBTの過去問題
Creating Interesting and Accessible Reading Materials: The Story of Science Reader
Kevin Cleary/ 松本 和子/ 野崎 嘉信

We are glad to have this opportunity to report on our presentation on Science Reader at JALT 2008.   Choosing materials: the matrix The main message of our presentation was that when we choose real-language materials for our students we have two general criteria: the materials must be interesting, and they must be accessible. To illustrate this idea we presented a matrix.                     The matrix has "Accessibility" on the horizontal (x) axis, and "Level of Interest" on the vertical (y) axis. Thus, there are four areas, counterclockwise from the top right:     Top right: A
Keep Talking: Strategies for Interpersonal Communication
大谷 麻美/村田 和代/村田 泰美/重光 由加 共著

◆英語が話せないのはなぜ? 「英語が話せない」「英語を話せるようになりたい」ということばをよく耳にします。英語が話せないのは単に語彙や表現を知らないからだけでしょうか? 私達は誤解のない良い人間関係を築きそれを維持するためのことばの使い方(ポライトネス)について研究していますが、英語が話せないのは、実はポライトネスの概念が、英語と日本語で異なることも一因ではないかという結論に達しました。 ◆文化による考え方の違い 日本語では、敬語のように相手と距離を保つような言語表現を用いることで、相手との人間関係を良好に保てると考えます。一方、英語ではこれと同じくらい大切なのが、相手に親しみを表すことです。相手との人間関係を良好に保つために、相手に親しさを表すような言語表現も重要な役割を担っています。 ◆対人関係に配慮した表現の知識の重要性 上で述べた対人関係に関わる言語表現が、実際の会話でどのように現れるかを知ることが英語会話ができるようになるコツなのです(重光 2005)。これまでの英語教育においては、対人関係に配慮した表現については、ほとんど授業で系統立って学習してこなかったのではないでしょうか。しかし、これらは初級者レベルから学ぶことが可能で、かつ非常に有効なのです(堀他 2006 ;村田 2005; 村田&大谷 2005; 大谷 2007; Tsuda et al. 2007)。このような表現と、その背後にある英語のポライトネス(特に相手との距離を近づけよう、相手のことを認めよう)を認識す
英語はシニアを元気にさせる!
浦島 久

少子化傾向が続く日本において、逆に年々確実に増えていくのがシニア世代です。事実、このところ一番伸びているのがまさにシニアのマーケットです。私が北海道・帯広市で経営する英語学校「ジョイ・イングリッシュ・アカデミー」も例外ではありません。数年前開設した60歳以上の人を対象にした「シニアクラス」がとてもにぎわっています。   ここで問題になるのがテキストです。英会話学校の社会人クラスで使われるのは、ほとんどが外国の出版社から出されているESLのテキストです。しかし、この手のテキストはシニアの生徒には一般的には向いていません。ヤングアダルト向けのものが多く、会話の内容もシニアの生活からかけ離れているからです。活字もシニアには小さすぎて、拡大コピーしなければ読めません。   シニアクラスの開設にあたり、私自身テキストをいろいろと探しました。英語のレベル、活字の大きなどを考慮すると、中学1年生用の教科書がピッタリです。ただ、大きな問題はやはり話題がシニアには子供っぽいということです。結果的には、私が満足できるものはありませんでした。   そのような背景からできたのが『シニアのためのゆっくり英会話 English Tree 1&2』(マクミラン ランゲージハウス)です。この本の最大の特徴は、全てがシニアの学習者向けに設計されているということです。シニアに受け入れられるような話題や場面を設定しました。文字を大きく、構成もなるべくシンプルにしてあります。レベル的には、Book 1が中学1年生、Book 2が中学2年生程度にな
Using Class and Group Readers
by Rory Rosszell

Since so much has been written about extensive reading in the last few years, what we really need from now is well-designed research to get us beyond anecdotes and speculation. This will help us to better understand how varying the conditions under which learners engage in ER affects the kinds and degrees of learning which result.      However, that being said, based on my experiences and research, I’ve been a long-time advocate of integrated or 4-skills ER courses. These have received comparatively little attention - although this has changed a little recently with the appearance of some new publications. What follows is a general description of the design o
Speaking of Speech — Year 10
by Don Hinkelman

It has been ten years since I first used Speaking of Speech [SoS], and it still hasn’t grown old for me.   I have been a speech and communication teacher for close to 30 years now, and when I came across the SoS text the first time, I fell in love with its playfulness, pair work, and emphasis on non-verbal communication (the "physical message").  I also liked the template-like formulas for transitions and discourse markers that gave low-level learners a sense of security and confidence in constructing a speech.   Although I am not an author, I have authored a dozen accompanying pages for my own classes that enhance the Speaking of Speech activities, and provide particu
Newly-revised Versions of an All-Time Favorite
By Todd Jay Leonard

Newly Revised Versions of the All-Time Favorite—Talk, Talk:  American-Style—Now in Two Volumes         As an EFL teacher in Japan, I know quite well how important it is to have a textbook that is functional, practical and teacher friendly.  When I first started teaching English in Japan (nearly twenty years ago), I had a difficult time finding a textbook that incorporated all the components I felt were necessary in giving students a well-rounded course in English conversation. This is precisely why I created the original Talk, Talk:  American-Style textbook.        Over the years, this textbook certainly has filled a need in English education in Japan, being used by teachers all over who have found it appealing and useful for their own classroom needs.  Naturally, then, it made sense t
Cubic Listening
By Timothy Kiggell

CUBIC LISTENING is a picture-based supplementary listening series that aims to provide regular, enjoyable and success-oriented listening practice. The goal is motivated students who enjoy their listening classes and are confident of understanding English in the real world.       “Tasks should be success-oriented… Listening exercises are meant to train not to test; and the best practice is obtained by having learners do the activity more or less successfully, not by having them fail.”   So writes Penny Ur in her book Teaching Listening Comprehension. We had this advice strongly in mind when we sat down to create the CUBIC LISTENING series. We wanted listenin
What’s special about Breakthrough?
By Miles Craven

You know when you go shopping, for say, some tea or butter... and you look at the aisle in the supermarket and you’re faced with fifty varieties of tea, or twenty different types of butter... everywhere you look. It’s really confusing, isn’t it? [Personally, it drives me crazy.] Well, that’s the kind of situation I think we as teachers face these days every time we have to choose a course for our class. Sure, it’s good to have a choice, but too much choice makes the task of selecting a suitable textbook so much harder. I doubt there have ever been so many courses to choose from as there are today... and every year more and more courses pour onto the market. It’s especia
Helping engineering students make presentations
by Kevin Cleary

Helping engineering students make presentations I really enjoyed talking with the teachers who came to my JALT presentation. We had a packed room (admittedly, it was not a huge room, but still we had a great turnout) and the energy level was tremendous. To sum up the presentation, it seems there is only a small number of textbooks available for teachers who have science or engineering students, especially in terms of presentation materials. But you can greatly expand the amount of material that your technical students will enjoy and benefit from by using two simple schemes: 1. Use scientific topics 2. Use ordinary topics in a scientific manner If you use the schemes a
Upgrading English Upgrade: Same same but different
by Steven Gershon

I’m a t-shirt junkie. My wardrobe cupboard is overflowing with them--in all colors, shapes, sizes and ages, from bright to dark, from plain to colorful, from snug to baggy, from new to almost ancient. Most of them are souvenirs from my travels. Wherever I go, I usually end up buying a souvenir t-shirt that will remind me of that place. My current favorite is one I picked-up on my last trip to Thailand. It’s navy blue, and on the front in bold white letters it says, SAME SAME. Then, on the back, in even bigger bold white letters, it says, BUT DIFFERENT. In fact, that expression, Same same but different, is one you hear all over South East Asia, and to me it seems so… descripti
Essential Reading
by Scott Miles

High interest reading passages I still remember as a child taking my first swimming lessons. Our class was early in the morning and at that time the pool’s heater was broken, so we had to learn how to swim in cold water. The only thing I remember while taking the lessons is that I just wanted to get out of the water as quickly as possible. Needless to say, I didn’t learn much from the class.   Teaching our students to read using boring texts is quite similar to this experience; the only thing our students want to do is finish the reading as quickly as possible and not much learning takes place. Unfortunately, this happens far more often than not with most course boo
“Helping Your Students Have a Successful Homestay”
by Dale Fuller and Kevin Cleary

A homestay can and should be a wonderful experience that gives lifelong memories. As more and more high school and university students are going on homestays, we wanted to bring together some materials that will help you help your students prepare themselves emotionally as well as linguistically for their homestay experience.   Documentary-style filming First of all, we were really fortunate to have the cooperation of two homestay programs in the United States. One program brings students from a university in Japan to the States for a summer school term, which includes a two-week homestay. The other program is through a local community college that matches up intern
Communication Strategies for Interviews
by Don W. Maybin and John J. Maher

  Do you have students who are taking the Eiken test? How about college students who are going to have an English interview to enter a company? Or students who want to study overseas and the school requires an interview? Do you know that in the near future the TOEIC test will have an interview component? In all of these cases students who have been trained in the use of communication strategies stand a better chance of passing their interviews.   We have prepared students for the above situations and found that skillful use of communication strategies gives them many advantages during an interview. But what
Workshop Report
“Building Effective Persuation Skills”

    Although discussions are a natural part of everyday life, they pose challenges both for teachers and students in the classroom. This is partly because discussion seems too difficult. We usually pay a lot of attention to vocabulary and grammar, but very little attention to meaning making and self-expression. As a result, we need to re-learn how to have discussions. Students who learn discussion often become more motivated, more self-confident and more eager to study English. Therefore, the purpose of this workshop is to offer a variety of activities that will help students organize and communicate their ideas in class.   Interesting activities you might want to use in your class
Looking Back, Moving Forward
身近な環境問題を考える

Greetings! I have been trying to integrate global and environmental issues into my language classes for as long as I can remember, starting with a stint at a Chinese university in 1983-84 where I asked students to write argumentative essays for or against nuclear weapons or equal rights for men and women. This was in-between my undergraduate years at U.C Davis, California, where I graduated with honors in English (Creative Writing) (and was also the Valedictorian giving a speech titled ‘Social and Global Awareness in a Changing World’) and continuing my studies in Literature at San Francisco State University (M.A.1987, Distinguished Graduate Student of the Year). It was as I student, then, that I realized my interests in global and environmental issues actually aided my academi